尿酸排泄低下型にユリノーム

ユリノーム 用量相関性

ユリノームは用量相関性の血清尿酸値低下作用を示します。

投与量別血清尿酸値の変化率

<調査方法>

プロスペクティブ中央登録方式による製造販売後調査(全国1,123医療施設からの4,659例)

<解析対象症例>

ユリノームの投与前および投与後2ヵ月毎に6ヵ月までの全時点で血清尿酸値が測定されていた1,122例

<投与方法>

添付文書の「用法・用量」に基づき調査担当医師の判断にて患者毎に投与量を決定

※副作用については、製品紹介ページをご参照ください

1日投与量別血清尿酸値低下作用

痛風・高尿酸血症患者を対象に本剤の1 日投与量別血清尿酸値低下作用を比較したところ、25mg/ 日、50mg/ 日、100mg/ 日投与で用量相関性の血清尿酸値低下作用を示した。

1日投与量別血清尿酸値低下作